青砥祐也「Dragon Tears」配信開始

龍は形を持たず、水を司るもの。龍も水も変幻自在です。
「Dragon Tears」は、そんな水と龍にインスパイアーされて作ったアルバムです。
スライドギターが唸るブルースナンバーから涙を誘うバラードまで、青砥祐也の魅力が存分に味わえます。

Dragon Tears

Dragon Tears 配信専用アルバム
 01. 蓮
 02. 雨
 03. 龍恋
 04. 弁天通り
 05. 水
 06. あの光まで
 07. River
青砥祐也(vo & guitar)
AKI (lead guitar on「#05. 水」、「#06. あの光まで」)
葉山ムーンスタジオ




青砥祐也
 シンガーソングライター
演奏スタイルは、 基本的にギター一本による弾き語りではあるが楽曲によって クラッシック、ブルース、オープンチューニング、スライド etc. とそのギタースタイルは変幻自在。
ピアノのように弾き歌いたい..がモットー
19歳の頃からライブバーを中心に活動を始める。
アムネスティ・インターナショナル・プレゼンツ~ザ・ヒューマン・ライツ・コンサートに国内外の豪華アーティストと共に出演するなど、ジャズクラブ、TV、CMなどでも活動するようになる。
スライドギターには定評がありドブロギターのモニターにもなる。
マクドナルドのCMでのスライドギターは話題を呼んだが、故郷宮城の震災をきっかけに活動を休止する。
2015年、音楽関係者の後押しもあり アルバム「Dragon Tears」発表と共に音楽活動再開!
宮城での経験からか、今まで以上に深く感受性豊かなギターと歌声が「Dragon Tears」に収められました。

※配信各サイトに於いて、プロフィールに一部誤りがございました。訂正してお詫びいたします。

[ 2016/01/13 21:20 ] 作品紹介 | TB(-) | CM(-)