FC2ブログ

GOSTO 2019年10月の来日ツアーでの日本初インタビュー!!

オランダ出身のシンガーソングライター、GOSTO(ゴスト)。ジェームズ・ブレイクやフライング・ロータスが引き合いに出され、収録曲"My Bad"がSpotifyにおいて200万回のストリーミング再生を記録した、色鮮やかなデビューアルバム『メモリー・アイヴィー』から3年。卓越したサウンドに、前作以上にソングライティングの円熟味が増したセカンド・アルバム『ワット・ドゥー・ユー・ミーン・ユー・ニード・ア・カラーティービー』とともに、GOSTOが日本に帰ってきた。2017年9月の初来日公演では、Shibuya Showcase Festを含む4公演で多くの観客の心を掴んだ彼。2019年10月、東京、大阪、京都、名古屋の4都市を巡る日本ツアーの最終日、三軒茶屋グレープフルーツムーンでのパフォーマンスを控えたGOSTOに話を聞くことができた。折しも日本列島は巨大な台風19号が過ぎ去ったばかり。関西方面への移動が出来ず、人通りのない渋谷を体験したと語る彼は、日本の印象や、音楽との向き合い方を話してくれた。


ーーあなたにとって2度目の来日公演ですが、台風19号にはさぞかし驚いたことでしょう。

思えば、あんなに大きな自然災害を体験したのは僕にとって初めてのことだったと思う。環境問題について考えさせられたよ。僕の国オランダは表面積の大半が海抜0m以下の低地の国だから、特にね。台風の日、関西への移動が出来ず、東京に残ることになった。滞在先の渋谷の様子には驚いたね。前回(2017年9月)に来日して初めて渋谷に行った時には、人が多すぎて真っ直ぐ歩けないほどだったのに、今回は見捨てられた街みたいに人通りがなくて。で、センター街には何百匹ものネズミがいたんだよ!通りを走り回ったり、食べ物を探したりしていて、街全体がネズミに乗っ取られたかのようだった。
その様子を見ていて、この光景は僕の最新アルバム『ワット・ドゥー・ユー・ミーン・ユー・ニード・ア・カラーティービー』の一番最後の曲“Mess”のMVにぴったりだと思って、すぐに撮影を始めたんだ。この曲は、時として人生にはクレイジーな出来事が起こる、というテーマで作った曲で、あの光景はまさに非日常だった。強大な力を持った存在が、渋谷を行き交う大量の人間達を魔法か何かでネズミに変えてしまって、それでパニックになったネズミが街中を駆け回る……ってシナリオまで思いついたよ。

GOSTO_Pint1_201910


ーー日本で、特に印象に残っている場所はありますか?

前回のツアーで日本に来た時、夜の下北沢を一人でふらふらしていたんだけど、あのエリアは好きだね。歩いているだけで、バーの音楽やライブミュージックが聞こえて来て、東京の音楽シーンの多様さや大きさが印象に残ったよ。


ーー今回の来日滞在中、日本人アーティスト(Nenashi)とスタジオセッションの機会があったと聞きました。

とても良い経験だったよ。origami PRODUCTIONSがアレンジしたもので、本当は12時から17時までの予定だったけど、盛り上がって20時過ぎまでセッションしていた。スタジオ環境も良かったし、円滑にコミュニケーションできて、普段自分がアムステルダムで行なっているような、他のアーティストとスタジオで曲を書いて、出来立ての曲をその場で演奏して……というセッションが、ここ日本で実現したことをとても嬉しく思った。ここでのセッションは、僕がアムステルダムでベニー・シングスと一緒に作曲をする時を思い出させてくれたよ。ベニーと一緒に曲を作る最大の理由は、彼は僕の作る楽曲にポジティヴなエッセンスを加えてくれるから。今回、ダークなビート音楽を作るNenashiを見ていて、過去の自分の作曲スタイルを見ているようだった。今回のセッションでは、彼には普段の彼の作曲スタイルとは異なる方法、異なるエッセンスを体験して欲しかったから、お互いの作曲スタイルを見せ合ったり、彼のスタイルにはない要素を提案したりした。過去にベニー・シングスが僕にしてくれたことを、今回僕がベニー・シングス役になってNenashiに見せる、って感じだった。


ーー今回のセッションで生まれた楽曲は、いつか我々も聞くことができるのでしょうか?

そう願ってるよ!公開するためにはお互いもう少し作業が残ってるけど、2曲はほぼ出来上がっている。


GOSTO_Pict2_201910


ーーでは、あなたのバックグラウンドに関して教えてください。音楽活動を始めたきっかけはなんだったのでしょう?

僕はピアノがある家で育った。6歳のとき、母からピアノを教わったんだ。鍵盤を一つずつ押しては、音の反響に耳を澄ませるのが大好きな子どもだった。数年経った誕生日に、母が今度はアコースティック・ギターをプレゼントしてくれた。その後、10歳の頃学校のオーケストラ・バンドにドラマーとして参加して……という風に、色々な楽器を習得していった。ティーンの頃はニルヴァーナ、バッド・レリジョン、ピストルズみたいなラウドなロックに夢中で、その後はジミ・ヘンドリックス期があって、ソウル音楽も聴き始めた。その後、アムステルダム音楽院でギターを学びながらジャズも掘り下げていった。こうして色々な楽器を習得し、色々な音楽と触れていく中で、楽曲制作も始めたんだ。


ーーあなたは普段、どのように楽曲制作を行っているのでしょう?

アナログテープに自分の演奏を録音して、それをオーヴァーラップする形で作る。曲を作るとき、まずはギターを手にすることが多いかな。ギターでメロディを作り、PCでビートを作り、その後アクセントになるものをベースやキーボードなどで演奏し曲を肉付けしていく。うん、僕の楽曲制作プロセスはだいたいそんな感じだね。


ーーあなたのアーティスト名”GOSTO”はどういう意味なのでしょうか?

“GOSTO”は僕のアーティスト名であり、僕の本名のミドルネームでもある。僕は、オランダ第二の都市ロッテルダム近郊のポルトガル(Poortugaal)という町で生まれたんだ。僕が生まれたとき、4歳年上の兄が僕のミドルネームの名付け親になりたい、と言って”Gosto”という言葉を選んだらしい。興味深いことに、これはポルトガル語で「良い嗜好」「好き」という意味の単語なんだよね。でも、僕の身内や周りにポルトガル語を話す人はいなかったし、兄は当時のことを全く覚えていないし、真相は闇の中だよ(笑)


GOSTO_Pint3_201910


ーーあなたの2作目にして最新作『ワット・ドゥー・ユー・ミーン・ユー・ニード・ア・カラーティービー』について聞かせてください。前作より、人間味や繊細さが増したように感じました。

前作『メモリー・アイヴィー』は、フライング・ロータスをはじめとしたエレクトロ・ミュージックにインスパイアされて作ったアルバムだったけど、今作はもっと「歌」に主眼が置かれた音楽を作りたかった。スティング、ピーター・ガブリエル、ブルース・スプリングスティーンのような、心に響く普遍的な音楽をね。前作はとにかく「音」を重視していて、今まで聞いたことがないクリエイティヴな音を生み出したいと試行錯誤した作品だった。今回は、より「歌」にフォーカスした作品になっているよ。


ーーあなたが発表した2枚の作品は、どちらもオランダのポップ・マエストロ、ベニー・シングスとの共同プロデュースにより制作されています。彼とはどのように出会ったのですか?

子どもの頃から彼の音楽のファンでね。知り合いに、僕を甥っ子のように可愛がってくれていたAardvarkというDJがいて、彼はベニー・シングスとレッドノーズ・ディストリクトというプロジェクトを一緒にやっていたからベニーとは知り合いだった。その縁で、ベニーに挨拶をしたことがあって、夢のような出来事だった。その時はそれきりだったけど、それから15年後、僕がレコードを出すことになって、僕のマネージャーが、僕以外にもう一人のアーティストのマネジメントを手がけることになった。それがベニー・シングスだったんだよ!マネージャーを通じて自然にベニーとも話すようになって、彼も僕の作る音楽に興味を持ってくれて、たくさん助言をしてくれた。彼は本当に忙しい人だけど、次のレコードも是非彼と作りたいね。


ーーあなたが今本拠地にしているアムステルダムの音楽やカルチャーのシーンについて、どう思いますか?

僕はアムステルダムに10年近く住んでるけど、コマーシャルな印象が強いな。ヒップホップを聴いてる人が多くて、僕と同じような音楽を作ってる人はいないから、少し孤立している気分。だからといって、僕と同じような音楽を作る人ばかりの街に行けば、僕は今とは全然違う音楽を作り始めるだろうね(笑)。いつだって、オルタナティヴなものが好きなんだよね。

(インタビュー:山口詩織)
[ 2019/11/30 17:21 ] 活動情報 | TB(-) | CM(-)

GOSTO が10月に来日ツアー

2017年9月の衝撃の初来日から2年、GOSTO が10月に再度日本上陸!
10月14日のMINAMI WHEEL 出演を皮切りに、東名阪ツアーを敢行!!


オランダ人プロデューサーである Roel Vermeer(ロエル・フェルメール) が率いるソロ名義のポップバンド GOSTO(ゴスト)
成長を続けるGOSTO はソウルと官能性を増し、トリップポップ等のクラブ系サウンドからアコースティックまで幅広いアレンジとソングライティングが魅力。アムステルダムではフランク・オーシャンやプリンスと比較されるアーティスト。

今回の来日ツアーではRoel と、今年リリースされた2ndアルバムにも 参加した Will Knox (ウィル・ノックス) が同行。
泣きのウィスパーヴォイスと官能リバーブ、ポップさを増した類い稀なる抜群の曲構成、GOSTO の進化系を期待して欲しい。

■GOSTO Japan Tour 2019
 10/14(月) 大阪 Minami Wheel @Pangea
 10/15(火) 大阪 新神楽
 10/16(水) 名古屋 Club Zion
 10/17(木) 京都 Rooter×2
 10/18(金) 東京 Grapefruit Moon

GOSTO_JapanTour2019.jpg

[ 2019/09/27 18:00 ] 活動情報 | TB(-) | CM(-)

ソロ・ギター・イベントのお知らせ

"Acoustic Session"
10月4日(木)
19:00 オープン/19:30 スタート
チャージ/2,500円+ドリンク別途
出演/ AKI, Siyoh, ケンソラ

渋谷ソングラインズ
東京都渋谷区宇田川町41-29 石井ビル2F
TEL : 03-5784-4186
E-mail : yoyaku@song-bird.net
http://song-bird.net/songlines/


Siyoh
siyoh_s.jpg

作曲家として、国内外から楽譜・CDが出されている。
演奏家として、ジストニアから順調に回復し、2017年、フィンガーピッキングコンテスト全国大会第二位となった。
思想家として、ヒカルランド社から「視えない世界はこんなに役に立つ」を出版。この本には、視えない世界も活用しながらジストニアを治してきた過程が書かれている。
自作のポピュラー音楽ユニットSemanaのCDも販売されている。


ケンソラ
ケンソラ_s

アコースティック・ソロギタリスト。
J-WAVE RADIO SAKAMOTO 坂本龍一オーディション第39回優秀作品に、ソロギターの楽曲でノミネート。
J-WAVE Music Hypermarket 殿堂入りアーティスト。
FINGER PICKING DAY(株式会社モリダイラ主催の大会)にて、6度決勝進出(2012年アコースティックギターマガジン賞受賞、2015年アコースティックギターブック賞受賞、2018年優秀賞受賞)。
ラジオのテーマ曲製作、舞踏や書道、写真とのコラボ経験あり。
都内ライブハウスをメインに音楽活動中。


AKI
aki_s.jpg

ドイツのギタリストPeter Fingerに認められヨーロッパでレコーディング、パリでの演奏を行う。
帰国後数々の意欲作を発表、アメリカの音楽配信サト"MP3.com"ではJAZZ部門にて、ソロギター"How I Feel Now"が世界チャート第一位を獲得。
琴とのユニット "AKI&KUNIKO"や、元Flower Travellin' Bandの石間秀機氏とのデュオ"遊弦"での活動も行っている。
TVやビデオの音楽担当や音楽レーベルでのプロデュース等、海外アーティストとの共演も多数。

[ 2018/09/01 17:00 ] 活動情報 | TB(-) | CM(-)

I AM OAK / KIM JANSSEN JAPAN TOUR

オランダから二組のインディー・フォーク・バンド、I AM OAK KIM JANSSEN が来日合同ツアーを敢行します!
9月末の1週間、このチャンスをお見逃しなく!!

IAO_KJ_JAPAN_Insta_s.jpg

I AM OAK / KIM JANSSEN JAPAN TOUR

■2018年9月27日(木) 三軒茶屋 GRAPEFRUIT MOON
18:30 開場 / 19:00 開演
出演:I AM OAK / Kim Janssen / Chima / Kate Sikora(band set)
料金:前売 2,800円 / 当日 3,300円 (ドリンク別)
予約:https://tiget.net/events/33635
会場:三軒茶屋 GRAPEFRUIT MOON  東京都世田谷区太子堂2-8-12 佐々木ビルB1

■2018年9月28日(金) 三軒茶屋 GRAPEFRUIT MOON
18:30 開場 / 19:00 開演
出演:I AM OAK / Kim Jansen / Voli / POINT HOPE
料金:前売 2,800円 / 当日 3,300円 (ドリンク別)
予約:https://tiget.net/events/33636
会場:三軒茶屋 GRAPEFRUIT MOON  東京都世田谷区太子堂2-8-12 佐々木ビルB1

■2018年9月29日(土) 『SHIBUYA SHOWCASE FEST 2018』
16:30 開場 / 17:00 開演
出演:I AM OAK / Kim Jansen 他
料金:前売 3,000円 / 当日 3,500円 (ドリンク別)
予約:https://rdtubetwo.firebaseapp.com/event-single/eNeOfBTXWcpxCwJVFdQc
会場:渋谷 CHELSEA HOTEL 東京都渋谷区宇田川町4-7 トウセン宇田川ビルB1

■2018年9月30日(日) 新宿 MARZ
18:00 開場 / 18:30 開演
出演:I AM OAK / Kim Jansen / UQIYO / and more
料金:前売 3,000円 / 当日 3,500円 (ドリンク別)
チケット: http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002265947P0030001
会場:新宿 MARZ 東京都新宿区歌舞伎町2-45-1 第1トキワビルB1F


I AM OAK
IamOak(1000×1000)
アイム・オークはシンガー・ソングライターのタイス・カウクンを中心としたオランダのバンド。2010年のデビュー・アルバム「On
Claws」以来、複数のアルバムをリリースしている。ギターがメインの細やかで落ち着いた独自の楽曲は、美しいアレンジで彩られたフォーク・ミュージックとされている。年月を経て、アイム・オークのサウンドはより壮大なものに進化したが、バンドはその独特なサウンドを失うことはない。
最新アルバム「Our Blood」からのシングル「Woandering」は、Spotifyで660万以上ストリーム再生されている。また、シングル「On Trees And Birds And Fire」に至っては、800万再生を誇る。

先頃、アイム・オークは新しいシングル「Will I Wake」をリリースし、タイス・カウクン自身が美しいアニメーション・ミュージックビデオを作った。それは2000以上の絵で構成され、彼は80時間以上を費やした。是非このビデオを見て、曲を聴いて欲しい。
タイス・カウクンはギターの代わりにピアノを用いることにより、バンドのサウンドを「Will I Wake」に取り入れ、今年後半にリリース予定のEPへ新しい方向性を示した。

アルバム「Our Blood」は日本でサインポールレコーズからリリースされており、日本向けにシングル「Woandering」のビデオを制作した。

official site: http://thijskuijken.nl/



Kim Janssen
Kim Janssen
キム・ヤンセンはオランダ生まれアジア育ちのシンガー・ソングライター。幼少期のほとんどをタイのバンコクとカンボジアのプノンペンで過ごし、10代前半をネパールのカトマンズで過ごした。エリオット・スミスからマーク・コズレック(サン・キル・ムーン)までをおもわせる憂いのある歌声を最大の武器として、瞑想的なアコースティック・フォークからよりきらびやかなオーケストラル・ポップまでを奏でる。オランダ人シンガー・ソングライター、ヘールト・ファン・デル・ヴェルデによるプロジェクト、ザ・ブラック・アトランティックに参加しながら、18歳のときにアメリカでレコーディングした1stアルバム『The Truth Is, I Am Always Responsible』を2009年にリリース。11歳から15歳までのあいだカトマンズの英国寄宿学校で過ごした生活と記憶にインスパイアされた2ndアルバム『Ancient Crime』(2012)と、その続編であるEP『The Lonely Mountains』(2013)は欧米のメディアで高い評価を得た。

最新作は2017年リリースの『Cousins』。全面的にシンセサイザーを導入し、ストリングスにさらにホーン・セクションまで加えた大編成による質の高いプロダクション。そして、持ち前の美しいファルセットに、ビル・キャラハン風バリトン・ヴォイスを交えた歌唱法による新機軸はヨーロッパで高い評価を得た。

official site: https://www.kimjanssen.net/
[ 2018/09/01 12:00 ] 活動情報 | TB(-) | CM(-)

AKI 出演情報

[nagomix night inst mix #64]

2018年8月24日(金)
出演)AKI /高村朝木/中島宏士
19:00 open /19:30 start
前売¥2,060 /当日¥2,370 (+1drink¥520)
予約問)info@egg-mte.com

会場) Eggman tokyo east
東京都千代田区岩本町2-6-12 曙ビルB1
03-5829-6400
http://www.egg-mte.com (動画による案内あり)
都営新宿線 岩本町A5出口より徒歩3分
日比谷線秋葉原4番出口から徒歩7分
JR神田北口から徒歩7分

AKI_20180726
[ 2018/08/07 20:28 ] 活動情報 | TB(-) | CM(-)